FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「オリーブの島 小豆島」や
「日本のオリーブの聖地 小豆島」

と言われるこの島で2日間に渡って開かれた日本オリーブオイルソムリエ協会主催の
「オリーブオイルジュニアソムリエ講座」にお手伝いとして参加させて頂きました。

一昨年の9月に同じ場所で開催されたこの講座に私も生徒として参加させて頂いてから
たくさんのオリーブに関わる方々と交友、親交を深めさせていただきました。

kouza.jpg
まずは我らがBOSS 多田理事長からのガイダンス。
オレンジのタートルネックが良くお似合いです。

kouza2.jpg
ずらりと並んだ世界各国のオリーブオイル達。
これらを2日間で全てテイスティングします。

kouza8.jpg
東京から来られた講師の方々からテキストやスライドに沿って
オリーブの歴史や品種、油脂学、栄養組成等々その道の「プロ」からの
有り難い講義が行われます。
写真の方は浅野先生 で管理栄養士の先生。
「栄養士戦隊☆隊長」のレッドとして地球の平和を守って・・・じゃなくて栄養士としての知識をフルに
活用し、日々ご活躍されております。
※トランス脂肪酸 狂った脂肪酸と言われるものですね。

kouza6.jpg
真剣に先生方の話を聞く受講生の方々・・・ん?どっかで見たガールである。

そして各コマの最後に
kouza3.jpg
所狭しと並んで順番を待つオリーブオイルちゃんたちをテイスティング。
発表会でスタンバイする幼稚園児の姿が頭をよぎる(ざわざわ)

kouza11.jpg
出ました!フレスコバルディ・ラウデミオ!!
もちろんこちらも後ほどテイスティング。

kouza4.jpg
スタッフにより、受講生に配られたオイルたち。
ソムリエのテイスティングは透明カップで色、香り、味を目で見て鼻で嗅ぎ舌で味わい
それぞれの感想をテイスティングシートに書き込みます。
それぞれの感じた物をできるだけ具体的に表現してあげます。

例えば「青い林檎を剥いた時のみずみずしい香りにクルミの果肉のようなやわらかな甘みを感じる」等
私は苦味を感じると「石釜で炊いた白米のおこげの部分」というキメ考察があります。(キメになってるのか?)

更にもっとも大切なポイント。
テイスティングしたオイルをどんな料理に合わせれば、美味しく食べられるかと考え提案します。
料理される方や美味しい物をたくさん食べた方は経験豊富なので有利ですね。

kouza9.jpg
例えば、このようにトマトやみそ、大根、豆腐などに種類の違ったオイルをかけてみて
味がどう変化するか、どの素材にどのオイルが合うか等を考えます。
ちなみにこれらは浅野先生が準備された素材。
全てに一手間かかっています。江戸前寿司のようです・・・

kouza7.jpg
様々な色のオイルが並んでいます。
実はこれらはオリーブオイルだけではなくアボガドオイル等他の食用オイルです。
実際にテイスティングすることにより、それぞれのオイルの事も勉強します。
口がオリーブオイルになれているのでかなり違和感感じる。

とここまでは東京や名古屋、福岡などでも受講できるジュニアソムリエ講座。
ここは小豆島、オリーブの聖地、道の駅オリーブ公園。

ということで

kousyuu8.jpg
公園内にある多種多様なオリーブの木や搾油機を、私の師匠の一人である古川部長の丁寧な解説付きで
案内して頂きました。
これは、小豆島での開催ならでは。島外からの方々には嬉しい授業だろうな。

kouza10.jpg
さらには古川部長、オリーブアナアキゾウムシまで持ってきてくれました。
(R-18指定画像・・・)
この野郎がオリーブの木に卵を植え付け孵化した幼虫がその木を食べ荒し
木全体を枯らしてしまうというオリーブ栽培者にとっての天敵。
握りつぶしたくなる衝動を抑え、みなさんに見て頂きました。

このようにオリーブやオリーブオイルの知識、その味をまる2日間かけて勉強された皆様
晴れてオリーブオイルジュニアソムリエの仲間入りです。

kouza12.jpg
最後に理事長から本ソムリエ講座等の説明。
受け終わった皆さんホッとした様子の方もいらっしゃれば

kouza16.jpg
オリーバーとして開眼された小豆島ガールもいらっしゃいます。
どっかで見たことのあると思ったら「なにわのど根性ガール」mameco氏ではありませんか(笑)

小豆島在住の彼女も知らなかった事があったというオリーブ、オリーブオイルについて。
私もオリーブに携わる前は小豆島に住んでいながらもオリーブについての知識は皆無でした。
今もまだまだわからんことだらけですが、小豆島に住んでオリーブに関わっている以上
島外の方々にオリーブの事を聞かれても応えられるよう精進したいものです。

今回の講座に関して携わって来られた理事長はじめ関係各位の皆様、本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト
オリーブオイル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。