スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
少し前に遡り、時は2012年2月22日(猫の日 にゃーにゃーにゃー!!)
瀬戸内地域をはじめとするオリーブオイルに関わる会社で組織される

「瀬戸内オリーブ研究会」
の会合に出席してまいりました。

setouchi2.jpg
早速会場から移動し、ある場所である物の見学。
皆さん真剣に説明を聞かれています。

setouchi4.jpg
その後、再び会場に戻り小豆島で作られたオリーブオイルをはじめとした
オイルのテイスティング開始。

setouchi6.jpg
オリーブ公園さんで収穫したコロネイキ種の早摘みオリーブオイル
グリーンの色合いが美しくフレッシュな風味

setouchi8.jpg
さらに東洋オリーブさんのセントキャサリン種のオイル。
セントキャサリンは非常に希少なオリーブの品種。
白く可愛い可憐な花のような風味で上品。

等々様々な品種のオイルをテイスティング。
さらに嬉しい事に

setouchi5.jpg
この時期としてはかなり貴重なオリーブの新漬け!!
私が最も気に入っている「ネバディロブランコ」の新漬けもありました。
わかっていたらワイン持ってきたのに・・・・ってあかんあかん。

そして昼食タイム。
それぞれが皆さん自己紹介をされていたのですが、その中で
「結婚しました!!」と幸せいっぱいのご報告も!!
オメデトウございます Kさん Mさん いっぱい小豆島の人口増やしてください(笑)

昼食後には

setouchi7.jpg
会議室に戻り、スライドを使い様々な研究の報告。
こちらは昨年、小豆島のオリーブに大打撃を与えた炭疽病についての研究報告。
今年は影響でなければいいが・・・
他に、オーストラリア、ニュージーランドのオリーブ視察についての発表などなど
興味津々な内容で、あっという間の時間でした。
(Kさん!!わかりやすくて声も通って素晴らしい内容でしたよー。)

今回のオリーブ研究会。
いずれも素晴らしい内容の会でした。

その中でも昼食時にある方がおっしゃった。
「小豆島は個々の利益だけを求めるのではなく、小豆島だからこそ一つになってできる発信をしていかなあかん!」という言葉が頭から離れません。

100年以上のオリーブ栽培歴史を持つ小豆島。
新たなステージに立たなければいけない時にたっているのかもしれません。

この2月22日を皮切りにオリーブオイル飲みまくり週間のスタート!!
今、見事に「堤のオリーブオイル漬け」が出来上がっています。
続きは近々UP予定。

あ、でも私いつも朝、野菜ジュースや牛乳にオリーブオイル混ぜて飲むからいつもオイル漬けだ。

スポンサーサイト
オリーブオイル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。