FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

うどん県・・・なのか?

2011/12/10 Sat 15:10

どーーーん!!
masago7.jpg
これが何かわかる人 挙手!

今日こそ、オリーブの話題!!
と思いつつ今日もオリーブから離れてしまいました・・・
いや、ネタはあるんですよ、ネタは。

最近「うどん」が食べたくてしょうがない。。。
香川県がうどん県に改名したというのは最近の話。

FBで「うどん食べたい!」と叫んだところ、期待していた方からコメントがありました。

masago3.jpg
真砂喜之助製麺所の真砂氏から
「今日はこびきうどん製造中です。お待ちしています♪」と・・・

こびきうどんとは簡単に言うと素麺の長さまで伸ばさない麺で
ある程度までしか伸ばさないので太さがうどんの太さになる麺。(なんのこっちゃようわからん)
(正確に言うと使用している小麦の内容が異なるようですが、そこは企業秘密)

masago4.jpg
こんな感じです。(只今乾燥中)
始めの画像はこのどアップですね。

乾燥具合によって微妙に伸ばす長さを変えていきます。

masago6.jpg
こいつがその微調整をする時に重要になる機材の一部(名称:不明)

思えばこの時期、外で素麺乾燥させている光景をあちらこちらで見かけるので
今の私にとっては当たり前なのだが、大阪や東京にいた頃では間違いなく見られなかった光景。
改めてその喜びを感じずにはいられない。

さて、話は戻り乾燥させている麺の下側、気になりませんか?
ちょっと覗いてみると

masago8.jpg
こうなっています。

素麺(こびきうどん)にする時はこの部分カットするのですが、
残った下側の部分(上側も)が「ふし」や「ばち」と呼ばれ
歯ごたえが独特な素材として食べられます。
うちの子供たちにはよく離乳食に与えていたなあ・・・

masago9.jpg
これが「ふし」が乾燥された物。
逆にこれが欲しいという方もいるほど。

masago.jpg
今回、素麺について色々教えて頂いた真砂 淳さん
溢れんばかりの笑顔が魅力の私より一つ年上(S48年生まれ)です。
地元少年野球の監督さんです(鬼監督や裏の顔を持つ男とか言われたい放題w)

masago2.jpg
そんな真砂氏の愛情たっぷりこびきうどん、美味しくいただきまーす!!
真砂さん、忙しい時間にありがとうございました!!

小豆島には100件以上の素麺工場があり、その歴史も400年以上続いているとか。
3大素麺産地「奈良の三輪、播州(揖保)、小豆島」の一つとして数えられています。

うどん県(香川県)と言われますが、ここ小豆島はその歴史から「そうめん県」として
クーデター画策しているとかいないとか(あくまでフィクションです)

今日はなんとなく白い画像が多いので

iphone.jpg
御役目を終えたiPhone3GSとiPhone4S(機種変してもたw)の画像など・・・

工事契約書類の作成作業が残っているにもかかわらずのブログ更新・・・している場合じゃない
けど


「ブログとうどんは冷めないうちに!」


お後がよろしいようで・・・


---------------------------------------------------

※追記※

そして今晩早速「こびきうどん」頂きました。

masago10.jpg
この輝き!

このこびきうどんを

masago11.jpg
キムチ鍋に投入!

一口食べてわかりました。
今までのこびきうどんで最も私の舌を感動で包み込む美味しさ。

美味しい食材に出会えた幸せに感謝!!
(ほんと、お世辞抜きで美味しいです。

真砂喜之助製麺所
要チェックや!!
スポンサーサイト
小豆島 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。