スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
東京シリーズ2回目。

やはり日本の首都東京。
しかも今回取り上げるお店は地下鉄外苑前近く(いわゆる青山)のイタリアンレストラン。

1年分の贅沢してしまいました・・・

「なかよし屋」のお客様でもあり、うちのそうめんやオイルちゃんを色んな方にPR頂いている
グルメご夫婦とともに行ってまいりました。

il.jpg
そのグルメご夫婦に予約して頂きました。「il desiderio」さんへ!
「トスカーナの伝統料理はもちろん、日本の土地の素材、産地直送の野菜や魚介、肉も旬の地場をとり寄せ、
素材のポテンシャルを最大に生かした調理法で提供いたします。」
イルデジデリオさんHPより抜粋。イタリアンリストランテです。

il5.jpg
東京・青山/PASSAGE AOYAMA2階にあります。
こちら、日本とは思えない異空間。(歩いている方は外人さん)
もちろん、小豆島ではありえない空間。
「小豆島は小豆島の良さがある!」

緊張した面持ちで(私だけが)店に入り注文!
注文基準が「オリーブオイルをふんだんに使用したメニューで」と私が言うと
店の方は
「基本的にオリーブオイル全て使用していますので・・・」と困惑気味。
そりゃそうだ(笑)

で、前菜として出てきたサラダ
il2.jpg
ばっちりオリーブオイルがかかっています!

実はグルメご夫婦に「食事は何がいい?」と聞かれた時に「イタリアン!」と回答したのは私。
せっかく青山に行くのだから青山のイタリアンがどんなオリーブオイルを
どのようにして使用しているのかを知りたかったのです。

il6.jpg
メニュー名忘れた・・・
「自由放牧的な何かの肉の何か」です。(めっちゃあやふや)
もちろんこれにもオリーブオイルが仕上げに使われています。
不思議な事に口に入れた瞬間に「甘味」が広がりました。
肉の脂とオリーブオイルが口の中で反応して表れるのだろうか???

この前菜と肉料理の間に数品料理が出てきたのですが、写真撮ってない・・・
食べるのに必死だったという青山でも食いしん坊爆発な私。

ここで、青山のイタリアンリストランテで普通なら考えられない私の発言!
「店で使っているオリーブオイルのテイスティングさせて下さい!」と。

だって私、オリーブオイルソムリエだもん!

il4.jpg
出して頂きました!!
突然の私の要望を聞いてくれたソムリエ(ワイン)のMさん「ありがとー!」
Mさんに「私、オリーブオイルソムリエなんです。」と話すと
すごく興味深く話を聞いて頂き、Mさんもオリーブオイルに興味あるとのことでした。
日本オリーブオイルソムリエ協会を激しくPRしたのは言うまでもありません。

本題、こちらのお店ではなんと8種類のEVOOを使用。
料理の内容によって使い分けているとの事。

さすが!!

il3.jpg
出して頂いたオイルは6本分(奥にもう一本あります)

私にとってのベストは左から2番目のオイルです。軽い口当たりながらも口に含んだ瞬間フレッシュアップル(蜜入り)が拡がり、その刹那アーモンド(皮半分まとった)の私好みの軽い苦味を感じました。貴婦人のような上品さを感じ取れたオイルでしたね。うちのオイルに似ているかも(あれ、これはうちのオイルを自画自賛??)

どれも酸化が進んだディフェットの物ではなく、保管方法もしっかりされている事が
そこから容易に想像できます。

ほんと、この日は美味しい料理と楽しく素晴らしい時間を満喫させていただきました。
年末まで白米と塩の生活です。

あ、でも12月3日、オリーブ牛の肉買いに行かないと・・・
年越せるのか?…orz



スポンサーサイト
オリーブオイル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。