スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2月後半から始めたオリーブ畑の剪定作業。
まだ終わらず・・・
植え替え作業もしないといけないし、雑草も伸びてきたので草刈もしないといけない・・・

なのにこの天候(雨多し)
気ばかりが焦る・・・

今日も剪定作業中に見つけた違和感のある木。
切ってみると

koumori2.jpg
こんな感じに樹皮がえぐれたような状態。

koumori3.jpg
ひっくり返して撮影。
木のぐるり350度えぐられてる。

木くずを取り除くと
koumori4.jpg
やはり発見。穴!

koumori.jpg
そんな木が今日だけで3本(1本はほじくった後、虫がいなかったので捨てた)

どうやら「コウモリ蛾」の幼虫が食い荒したようである。
コウモリ蛾(苦手な人は見ないほうが良い)

こいつはゾウムシと違って比較的木の上側に穴を掘り卵を植えつける様だ。
ゾウムシの様に木全体を弱らさないだけマシなのだろうが・・・

koumori5.jpg
えぐられた木より上側は衰弱する・・・
わかりにくいかな?もう一枚。

koumori6.jpg
こんな感じで葉っぱは落ちて樹勢が弱い・・・

小豆島の他のオリーブ畑でも同じ被害が出ているのだろうか?
うちだけ??

うーん、うちだけではないとは思うが・・・どうなんだろう。

いずれにしても鹿やゾウムシ、ハマキムシ、タンソ病にショウコ病、水はけの悪さから来る根腐れに
コウモリガという新たな病害虫が仲間入りである・・・

コウモリガの幼虫見つけたら「プチッ」と潰してやるーーーーーーーーーー!!!(怒)
スポンサーサイト
オリーブ畑 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。