FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オリーブヤギ誕生の瞬間

2012/03/01 Thu 17:45

今、小豆島中のオリーブ畑にはたくさんオリーブの枝が落ちています。

枯れ果てて落ちている訳ではなく、これから春本番を迎える前の準備。
剪定作業の真っ最中。

うちの畑もまさに剪定作業の真っ最中。

senntei2.jpg
昨年わっさわさに伸びたオリーブです(ルッカちゃんです)

これを参考までに私がカットすると

senntei3.jpg
こんな感じ。
わかりにくいかもしれませんが、結構さっぱりカットします。
その間、約3分(かかりすぎか?)

剪定は毎年行いますが、かなり難しい。
「これ切ろうかな?どうしようかな?」と迷うロスタイムが必ず発生する。
そんな時、私は「迷ったら切る!」の金言からズバッと切ってしまいます。

「これは此処を切らないと・・・」と思われそうですが、まあお許しください。

senntei6.jpg
これは外の木を切った切り口ですが、年輪がなんとも言えない美しさ。

senntei5.jpg
切った木には忘れず植物用のばんそうこう。
この横の枝も切るべきだな・・・

senntei4.jpg
山のようにできる剪定した後の枝。

小豆島のオリーブ会社さんは色んな事されてますがうちは・・・

senntei7.jpg
彼女へのおせったい。
直ぐ隣で飼育されている6月生まれのじゅんこちゃん(男 岩鬼ばりに葉っぱを咥えております)
の元に運ばれます。

senntei8.jpg
オリーブヤギ誕生の瞬間です!!
彼女、私がオリーブ抱えて行くとムクッと立ち上がり
フガフガ言いながら私の元にやってきます。
(オリーブ持ってない時は私に見向きもしませんが・・・)

senntei9.jpg
「げふう」
オリーブの枝を食べ終わったじゅんこちゃん
歯が丈夫で多少の枝は噛み千切ります。何気にヤギの歯ってこんな形なんだと鑑賞する私。

オリーブの葉に含まれるポリフェノール類やオレイン酸を嗅ぎ取っての食欲なんだろうな・・・
鹿の野郎もそれに魅せられやってくるんだろうな・・・

実際にじゅんこちゃんが食べたオリーブのフンは有機園さんの野菜畑に堆肥として撒かれます。

senntei10.jpg
そこで育った野菜たちが私の元へ!(お礼にと頂いてしまいました・・・感謝)
まさに循環農法!!って違うな。

でも実際に剪定したオリーブの枝がじゅんこちゃんや有機園さんの畑の役に立つのは
本当にありがたい事。
これからもこの繋がりを大切にしていきたいと思います。



senntei.jpg
実はまだまだうちの畑には剪定を今か今かと待つオリーブちゃんたちが沢山。

そんなうちの畑を見かねて
日本オリーブオイルソムリエ協会の多田理事長が
素敵なツアー「小豆島オリーブ剪定体験ツアー」を開催して頂ける運びとなりました。

講師が私ですが、「オリーブ剪定してみたい!」や「小豆島に来てみたい!」
という方いらっしゃれば是非是非お越しくださいませ。

※じゅんこちゃんにオリーブの枝を食べさせる体験もできるよ。

オリーブ畑 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
« Prev | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。