FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2月になったので情報解禁

2013/02/01 Fri 17:06

あけましておめでとうございます。

からはや1ヶ月がたった。1月終わるのはえー!!
2月になったので情報開示します。

そう、昨年末にできあがりFacebookのみで販売受付していた

muroka.jpg
小豆島産100% イズライフ エキストラバージンオリーブオイル(無濾過)の販売を開始しました。
(パチパチパチパチ!!)

ノンフィルターとも言われるこのエキストラバージンオリーブオイル(以下EVO)
通常のEVOは搾油された後、目に見えないオリーブ果実たちをフィルター(濾紙のようなもの)で
一度こしてから製品にするのですが、この「無濾過ちゃん」は搾ったオイルをしばらく残置処理し
そのままその上澄み部分だけをすくい取ったEVO。

通常のEVOに比べて見えないほどのオリーブ果実が含まれている為、理論上はポリフェノール類の量は多く
よりオリーブオイルらしい味わいに。
その反面、賞味期限は通常のEVOの3分の1という諸刃の剣。

実は予想ではもっと喉に刺激のある辛みが出てしまうかと思っていたのですがこの果実を収穫したのが
12月の初めという真っ黒熟れ熟れの時期だったお陰で、ノンフィルターにしては、嫌な辛みが押さえられて
春の木漏れ日の中、縁側で座布団の上でうとうとする田舎のおばあちゃんのような穏やかな無濾過EVOといった感じ。
(オリーブオイルソムリエらしい表現力!!自画自賛)

来シーズン製造するかどうか決めていない上、数に限りがございます。
おっはやめに!!(byこずえ みどり)

※既にご購入頂いている皆様、本当にありがとうございます。
オリーブオイルちゃんの色を楽しんで頂く為に、無濾過ちゃん敢えて透明瓶に入れております。
光に弱い(劣化するのが早い)ので御使用後は速やかに箱にしまってあげて下さい。


スポンサーサイト
オリーブオイル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
オリーブオイルは調味料です。

「いくら国際的なコンテストで賞を取ろうがこだわり抜いて作られようが、料理に合わせて美味しくないとだめ!」が私見。

「美味しい!」と感想を頂いているグリーンレモンオリーブオイルちゃんですが、それは皆様の使い方が素晴らしいからだからこそだと思うのです。(もちろん、そのお声は嬉しいです)

先日、「どんな使い方をしたら良いのかまとめろ!このやろー!」という声がありましたので(笑)私なりに、「これいいな」と思った合わせ方を紹介します。

gl ryouri5
①チーズケーキにたらして
これ、ずっと推してきた食べ方。オイルの苦みとケーキの甘みがベストマッチ。
レアチーズケーキなら尚良しかも。

gl ryouri3
②うどんのつゆに数滴たらして
あるイチゴ農家の青年が編み出した技。
初めは普通のダシで、飽きたらオイルちゃんをたらしての2段階方式もいいかも。

gl ryouri
③アボガドとマグロのヅケにまぶす
これは、「美味しいかな?」と嫁の目を盗み、私が実験的に試したもの。
醤油とアボガドとマグロとオイルちゃんの4重奏は大成功!

gl ryouri4
④焼いた牡蠣に塩と醤油と!!
これは場の勢いで試してみたのですが、もう涙ちょちょぎれるほどのウンマさ!
塩と醤油が良いんだろうな、塩と醤油が。

gl ryouri2
⑤ごま豆腐と少量の醤油に!
あるお寺関係者さんが是非試したいとアドバイスくれた食べ方。
濃厚なごま豆腐とオイルちゃんの味がそれぞれ違うタイミングで主張する口内二段活用。
さすがのセンス!

gl ryouri7
⑥トマトと塩とグリーンレモンオリーブオイルちゃん
もう、これは王道!
トマトの甘みが増したような気がする。さらにここにモッツァレラチーズなんてあるとサイコー!!

gl ryouri6
⑦肉に!!
あまりにもストレートすぎるけど、これは某有名イタリアンのシェフがグリーンレモンオリーブオイルちゃんを
味見してパッと提案してくれた食べ方。
このお肉、きちんとした料理名あるのだが・・・忘れてしもた。
でも美味しさは忘れない!!

と7通りの組み合わせを上げてみましたが、他にもまだまだ可能性はある。
「バニラアイスにかけて」はもう王道中の王道!

私、基本食事の際は「これにオリーブオイルあうんじゃないか?」と実験の毎日です。
成功も失敗もありますが、この7つは「イケル!!」

我こそはグリーンレモンオリーブオイル使いだ!!という挑戦者求む!!!!!


たくさんいそうだな・・・






オリーブオイル | コメント:(1) | トラックバック:(0)
ありがとうございます。やっと形にできました。
生まれました。

gl1.jpg
2012−13年度のエキストラバージンオリーブオイルちゃんとグリーンレモンオリーブオイルちゃんがついに発売となりました。
なかよし屋で購入して頂く事が出来ます。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが今シーズンからちょっと遣いのグリーンレモンオリーブオイルちゃんのミニサイズも新登場!

実は出来上がったのは12月17日・・・今から約10日ほど前。
Facebookで告知させて頂いた途端、ありがたい事にご注文殺到しまして・・・ブログ書く余裕ナッシング!!

思えば5月半ばには商品が底をつき、それからずっとお待ち頂いていた方のなんと多い事か。。。
我感動!!

gl3.jpg
発売解禁と同時に「買う!!」と言ってくれた島の仲間達(顔出しNGなのか?w)
ほんまにありがとう!!

他にも既に大量にご注文頂いた方々、ほんまにありがとうございます!!

そして売り切れからずっとお待ち頂いていたお取り扱い店様からも大量に発注が。。。

gl2.jpg
こちらの画像は高松市内のまちのシューレ963さん。

他にも高松市内のIKUNASさんではグリーンレモンオリーブオイルちゃん。
渋谷ヒカリエの8F d47 design travel storeさんではエキストラバージンオリーブオイルちゃん。
それぞれをお取り扱い頂いております。
そして我らが小豆島では真砂喜之助製麺所さんの工場内でも各種取扱い頂いております(アニキおおきに!)

さらに年明けにも何カ所かお声がけを頂いており、ほんとありがたい。。。

今シーズンは昨シーズンよりオリーブの収穫量が多かったので今のところまだ余裕はありますがオリーブオイルはできたてが一番美味しいので早めに味わって頂きたいのが本音。

あ、そして年明けにはごく僅かですが秘密の(ちょっとネタばらししてますが)商品も発売予定です。
告知はFacebookページで行いますのでi's Life(イズライフ)β版に「いいね!」押してみるのも「いいね!」




オリーブオイル | コメント:(0) | トラックバック:(0)

オリーブでつながる輪

2012/11/22 Thu 17:00

本当にありがたい。

11月17日、18日、19日(急遽)の3日間で行われた「オリーブちゃん収穫祭」
「祭」とはいう言葉には程遠い過酷さ。
もはや「修行」の域。

そんな修行も全国各地からおいでいただいた皆様のお陰でなんとか乗り切る事ができました。

私の見込みの甘さで思ったより収穫量が多く(ありがたい事です)休憩時間もほとんどないという収穫体験。

採っては袋へ、採っては袋への繰り返しと言う単純作業を無心で黙々とこなして頂いた皆様
はるばる遠くの土地よりわざわざおいで頂いた皆様
平日の仕事の疲れを癒す休日に時間を割いて頂いた皆様
急遽、私の「ヘルプミー」に駆けつけて頂いた皆様

本当に有り難く、本当に感謝いたしております。
ありがとうございます!!

私の「はよ収穫せなあかん!!」という焦りからそんな皆様にまともな対応ができず
段取り、手際の悪さ、顔のでかさで不快な思いをさせてしまった事、心よりお詫びいたします。

皆様の頑張りのお陰で無事に

1122o.jpg
新しいオリーブオイルちゃんがこの世に生まれました!(写真:東洋オリーブさん工場内)

今はまだ無濾過の状態で、これからしばらく残置しフィルターにかけてから商品として出荷できるのが
来年の1月半ば頃となりそうです。

今シーズンはグリーンレモンオリーブオイルちゃんだけの製造予定でしたが
無事エキストラバージンオリーブオイルちゃんも製造できました。

オリーブを通じて本当にたくさんの方々と縁を頂き、こうして皆様とつながりを持てた事に改めて感謝いたします。

「オリーブでつながる輪。」

素敵やん。





オリーブオイル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
小豆島町長が小豆島のオリーブ産業の課題に関し、的確な記事をあげられています。

小豆島で販売されているオリーブオイルが全て小豆島産100%ではない理由も。
気になったのが小豆島産と海外産をブレンドしているという点ですが・・・あれはブレンドと呼べるのかな・・・?ブレンドの定義も明確にする必要性がありますね。

私は小豆島で海外産のオリーブオイルを販売することが悪い事だと決して思いません。
海外のオリーブオイル、素晴らしいものたくさんありますし、小豆島産では出すことが困難な風味があるものも多いですし、何よりオリーブオイルは共通して健康に良い油ですから。

なにより大切なのは料理に合わせ、風味の異なるオリーブオイルを使用するという事。
「地の素材にはその土地で採れた、作られた調味料やお酒がマッチする」とよく言われます。

小豆島の素麺に小豆島の醤油と小豆島産のオリーブオイルなんてもう最高の組合せ。

怖いのは「小豆島で買ったオリーブオイルなんだから小豆島産100%と思って買って帰って良く見ると海外産だった。なんなんだ、小豆島!!」と落胆され小豆島のイメージが悪くなること。

小豆島町長のブログ記事にも書かれていますが自給率がわずが0.05%という圧倒的な量の少なさ。
今後、少しでも生産量を増やさないといけませんが、病害虫や限られた島内の土地の問題、さらに
畑を拡大するにあたり法的な制限が存在するなど課題は山積みです。

そして今日も小豆島は雨が降らず、畑に水やりをしなければならない暑い夏・・・

雨降れーーーーーーーーーー!!

※あ、
今更ですがi's Lifeのエキストラバージンオリーブオイルちゃんとグリーンレモンオリーブオイルちゃんは
言うまでもなく小豆島産オリーブ100%です。

オリーブオイル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。