スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ブログ 引越のお知らせ

2013/02/14 Thu 16:44

これまでブログを開始しては長続きしなかった私が100回以上更新するとは未だに信じられません。
(最近更新が鈍化してるとかのツッコミは無しで。)

実はこの度、HP開設にあたり、今後のブログをこちらに引っ越しさせて頂きました。

どうぞ今後とも末永いご購読をお願い致します。

スポンサーサイト
日々の事 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

土いぢり(本格的に)

2013/02/05 Tue 16:45

車両系建設機械の資格を何気に持っている私。
土建屋でもあるんで。

ある方に「畑どっか貸してくれるとこないやろか?」で始まった今回。
みかん畑を「手が回らなくなった」という理由でオリーブ畑に転換しても良い
と。

kaikon2.jpg
なぎ倒されて行くみかんの木。
倒す時に罪悪感を感じつつも、バリバリ倒しまくる俺!
せめてもの罪滅ぼしに成ってたみかんを10個ほど食べさせて頂きました(すっぱかったけど)

kaikon6.jpg
オリーブを植えるので土の中にある根っこも出来る限りきれいに取り除きます。
この写真を撮った少し前の日に「ダイオウイカ」特集を見たので、イカにしか見えなかった根っこ。
(たこでも可)

kaikon3.jpg
ふと手を止めると目に飛び込んでくる瀬戸内海。
この日は風も穏やかで暖かく・・・ない。
少し標高が高いため、凍え死ぬかと思うほどさぶかった・・・しかもこのユンボ、キャビン無し。

一人寒さと傾斜地の為ひっくり返らない様、細心の注意で鼻歌まじりに作業していると
背中に感じる獣の気配・・・

kaikon5.jpg
出ました、我が天敵「鹿」しかも2頭。
襲ってきたらユンボのバケツで殴打してやろうと思ったが人を小馬鹿(鹿だけに)にしたかの様にぢっとこちらを見て山の中に走り去りやがった・・・

この現場に5回来ると3回は出会うオリーブの天敵。
鹿対策しっかりしなくてならない。

夜通しここで待機・・・するほど暇じゃないし、真っ暗で怖いから別の手を考える。

と、まあなんやかんやで
kaikon.jpg
(着工前)
このみかん畑が

kaikon4.jpg
(竣工)
このように無事開墾は終了。
※土木工事提出写真では着工前と竣工写真には機械類など一切写っていてはいけないが、提出しないのでよしとする。

晴れた日で私の時間が許す時だけ作業してたので日数はかかったが植え付け予定日には間に合った。
だが、オリーブを植えてからがこの工事の完了。

みかん畑だけにまだ「未完」なのであります・・・


ごめんなさい。



オリーブ畑 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

2月になったので情報解禁

2013/02/01 Fri 17:06

あけましておめでとうございます。

からはや1ヶ月がたった。1月終わるのはえー!!
2月になったので情報開示します。

そう、昨年末にできあがりFacebookのみで販売受付していた

muroka.jpg
小豆島産100% イズライフ エキストラバージンオリーブオイル(無濾過)の販売を開始しました。
(パチパチパチパチ!!)

ノンフィルターとも言われるこのエキストラバージンオリーブオイル(以下EVO)
通常のEVOは搾油された後、目に見えないオリーブ果実たちをフィルター(濾紙のようなもの)で
一度こしてから製品にするのですが、この「無濾過ちゃん」は搾ったオイルをしばらく残置処理し
そのままその上澄み部分だけをすくい取ったEVO。

通常のEVOに比べて見えないほどのオリーブ果実が含まれている為、理論上はポリフェノール類の量は多く
よりオリーブオイルらしい味わいに。
その反面、賞味期限は通常のEVOの3分の1という諸刃の剣。

実は予想ではもっと喉に刺激のある辛みが出てしまうかと思っていたのですがこの果実を収穫したのが
12月の初めという真っ黒熟れ熟れの時期だったお陰で、ノンフィルターにしては、嫌な辛みが押さえられて
春の木漏れ日の中、縁側で座布団の上でうとうとする田舎のおばあちゃんのような穏やかな無濾過EVOといった感じ。
(オリーブオイルソムリエらしい表現力!!自画自賛)

来シーズン製造するかどうか決めていない上、数に限りがございます。
おっはやめに!!(byこずえ みどり)

※既にご購入頂いている皆様、本当にありがとうございます。
オリーブオイルちゃんの色を楽しんで頂く為に、無濾過ちゃん敢えて透明瓶に入れております。
光に弱い(劣化するのが早い)ので御使用後は速やかに箱にしまってあげて下さい。


オリーブオイル | コメント:(0) | トラックバック:(0)

捨てるとこない

2013/01/22 Tue 17:28

1月も後半になってしまった・・・

はっきり言って作業が遅れている。
決してサボっている訳ではないのですが、諸々動いている事があって。。。

ごめんなさい、言い訳です。

はい、今年も

0130122 2
これらを畑に撒く時期がやってきました!
てか、撒く時期の真っ最中。

0130122.jpg
こんな風にオリーブの木のぐるりに撒きます。

そう、「小豆島オリーブ牛糞堆肥」をオリーブ畑に撒いているのです。
小豆島オリーブ牛とうちのオリーブちゃんたちの関係に関してはこちら

小豆島オリーブ牛糞堆肥をうちのオリーブ畑にまき、その力で木が育ち実が成り素晴らしいオリーブオイルが出来る。
そしてその搾り粕を小豆島オリーブ牛が食べ、出てきた糞を堆肥化し、その小豆島オリーブ牛糞堆肥をうちのオリーブ畑にまき、その力で木が育ち実が成り素晴らしいオリーブオイルが出来る。
そしてその搾り粕を小豆島オリーブ牛が食べ、出てきた糞を堆肥化し(コピペ)・・・

お互いが存在する限りエンドレスで繰り返される循環。
牛もオリーブも捨てるとこないな。

オリーブ畑 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
オリーブオイルは調味料です。

「いくら国際的なコンテストで賞を取ろうがこだわり抜いて作られようが、料理に合わせて美味しくないとだめ!」が私見。

「美味しい!」と感想を頂いているグリーンレモンオリーブオイルちゃんですが、それは皆様の使い方が素晴らしいからだからこそだと思うのです。(もちろん、そのお声は嬉しいです)

先日、「どんな使い方をしたら良いのかまとめろ!このやろー!」という声がありましたので(笑)私なりに、「これいいな」と思った合わせ方を紹介します。

gl ryouri5
①チーズケーキにたらして
これ、ずっと推してきた食べ方。オイルの苦みとケーキの甘みがベストマッチ。
レアチーズケーキなら尚良しかも。

gl ryouri3
②うどんのつゆに数滴たらして
あるイチゴ農家の青年が編み出した技。
初めは普通のダシで、飽きたらオイルちゃんをたらしての2段階方式もいいかも。

gl ryouri
③アボガドとマグロのヅケにまぶす
これは、「美味しいかな?」と嫁の目を盗み、私が実験的に試したもの。
醤油とアボガドとマグロとオイルちゃんの4重奏は大成功!

gl ryouri4
④焼いた牡蠣に塩と醤油と!!
これは場の勢いで試してみたのですが、もう涙ちょちょぎれるほどのウンマさ!
塩と醤油が良いんだろうな、塩と醤油が。

gl ryouri2
⑤ごま豆腐と少量の醤油に!
あるお寺関係者さんが是非試したいとアドバイスくれた食べ方。
濃厚なごま豆腐とオイルちゃんの味がそれぞれ違うタイミングで主張する口内二段活用。
さすがのセンス!

gl ryouri7
⑥トマトと塩とグリーンレモンオリーブオイルちゃん
もう、これは王道!
トマトの甘みが増したような気がする。さらにここにモッツァレラチーズなんてあるとサイコー!!

gl ryouri6
⑦肉に!!
あまりにもストレートすぎるけど、これは某有名イタリアンのシェフがグリーンレモンオリーブオイルちゃんを
味見してパッと提案してくれた食べ方。
このお肉、きちんとした料理名あるのだが・・・忘れてしもた。
でも美味しさは忘れない!!

と7通りの組み合わせを上げてみましたが、他にもまだまだ可能性はある。
「バニラアイスにかけて」はもう王道中の王道!

私、基本食事の際は「これにオリーブオイルあうんじゃないか?」と実験の毎日です。
成功も失敗もありますが、この7つは「イケル!!」

我こそはグリーンレモンオリーブオイル使いだ!!という挑戦者求む!!!!!


たくさんいそうだな・・・






オリーブオイル | コメント:(1) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。